上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーもお久しぶりでございます。ちょっと最近多忙でした。

さて、今回お送りする話はもう一月くらい前の話です。というのも、図もつけて説明したかったんで・・・。



・・・ある日の鬼武者との学校帰りのことです。学校の最寄り駅の階段を下りると誰か人影が・・・

papi.png


壁にぴったりくっついている小太りのおっちゃんがいました。思わず絶句。

何もなかったかのようにその場を去り、ちょっと振り返ると・・・

papi3.png


なんか覗いてる!!!

いや、何も見なかったことにしよう・・・。

そして、ホームに降りると携帯をいじり始める鬼武者。

鬼武者:「あれ・・・?俺、こんな事メモ帳に打った覚えないんだけどなぁ・・・」

papi2.png


「パピ」

おいら:「何だそれ・・・・?・・・はっ!!これはさっきのおっちゃんのメッセージだ!」


それからというものの、不審者の事は通称「パピ」という事になりました。
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。